NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜全青年期の子供、高齢者、妊婦のクライアント〜

NSCA対策〜全青年期の子供、高齢者、妊婦のクライアント〜

こんにちは!!!

 

ASPトレーナースクールです。

 

今回は、

第18章『全青年期の子供、高齢者、妊婦のクライアント』

についての問題および解説です!

妊娠中のクライアントの身体的特徴について、正しいものはどれか?

<選択>

a.筋力が増強する

b.持久力が向上する

c.柔軟性が高まる

d.バランスが向上する

解答:C

《解説》

もともと女性に関しては、ホルモンの影響により関節が男性よりも緩いと言われております。

さらに、出産を控えた女性に関しては結合組織が緩み関節が弛緩するため柔軟性が高まります。

そのため解答はCとなります。

妊娠中のクライアントが有酸性トレーニングをする際、最も適切な強度の目安は?

<選択>

a.HR

b.VO2max

c.RPE

d.METS

解答:C

《解説》

 

RPEとは主観的運動強度を示しております。では主観的運動強度とはどんなものなのか見ていきましょう !

RPE の用い方は、上記のように6〜20に分類された表を元にクライアントにトレーナーが現在の状態を

ヒアリングすることで強度設定することです。

また、現在のポイントに10を掛け合わせると現在の大体の心拍数が予測できるようになっていて、

例えばあるクライアントが15を主観的運動強度と示した場合

15×10により、それは大体 150拍/分であるということになります。

これが研究や臨床でこの指数が広く使われている理由です。

ですが、あくまでも安静時を60、最大値を200とした時のものなので、

過信しすぎはよろしくないと言われております。

d:METS を見て行きましょう。

METS=身体活動に運動強度(代謝当量とも言われております。)

様々な運動強度に点数をつけレベル分けしたものになります。

さて、今日はここまでとなります。

いかがだったでしょうか?

問題数を多くこなすことで理解度が深まって行きますので頑張っていきましょう!

————————————————–————————————————–

 

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

 

 

 

 

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加