NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA〜レジスタンストレーニングのプログラムデザイン

NSCA〜レジスタンストレーニングのプログラムデザイン

こんにちは!

ASPIトレーナースクールです!

今回は、

第15章『レジスタンストレーニングのプログラムデザイン』

についての問題および解説です。

 

 

以下のエクササイズ配列で最も適切なものはどれか?

 

 

【選択肢】

a. ①チェストプレス シーティッドロウ フレンチプレス ハンマーカール

 

b. ①チェストプレス フレンチプレス シーティッドロウ ハンマーカール

 

c. ①チェストプレス ハンマーカール フレンチプレス シーティッドロウ

 

d. ①チェストプレス フレンチプレス ハンマーカールシーティッドロウ

image3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答:a

 

 

 

<解説>

「押す」「引く」が交互になっているかつ、配列として正しいのは[a]​です。

[c]も”押す引く”だが、前提として以下の要素を忘れてはいけません。

エクササイズの配列としては

[パワー・コア・補助]の順番が適切です。

 

他にも[押す/引く]を交互や、[上半身/下半身]を交互、

[大筋群→小筋群]などがあります!

より大きなエネルギーを使い、動作が難しいものから先に行っていきましょう。

その為、大筋群の「シーティッドロウ」が最後なのは不適切と言えます。

 

大筋群 (例:大胸筋)を動かす為の小筋群 (例:上腕三頭筋)を先に疲労させてしまうのは大きなエネルギーを出せなくなってしまう為、良くありません。

 

 

今回はここまで!

次回の投稿をお楽しみに♪

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加