News&Topics

ニュース・トピックス

2021.02.26資格対策

NSCA対策 第9章 〜シナリオ問題対策〜

皆様こんにちは!

ASPトレーナースクールの元気100倍大本です🔥

 

今回はNSCA 第9章によく見られる「シナリオ問題」に対して対策を行なっていきます!

第9章は出題頻度が高い章となっていますので、ご一緒に確認を行なっていきましょう💪

 

シナリオ

2人の子供を持つ48歳の男性クライアントは、毎日1時間のサイクリングを行い、

週に3回レジスタンストレーニングを行うなど活動的に過ごしてきた。

彼はフルマラソンに挑戦したいと考えており、パーソナルトレーナーを雇った。

初回面談で得られた情報は以下の通りである。

 

・同棲する妻と息子は喫煙者であるが、彼は禁煙後18ヶ月経過している。

・父親は59歳の時に心筋梗塞になったが、現在は回復し健在である。

・母親は2型糖尿病である。

・身長180cm ・体重75kg 

・平均血圧135/76mmhg 

・総コレステロール値210mg/dl、HDLコレステロール値65mg/dl

・空腹時血糖値90mg/dl 体脂肪率26%

 

Q:彼が持つ危険因子の数はいくつあるか?

 

a:0個  b:1個  c:2個  d:3個

 

 

答え  c:2個

 

皆様は正解出来ましたか?このようにシナリオ問題では落とし穴がある問題が数多く出ます。

それでは落とし穴を含めて解説を見ていきましょう🔥

 

 

1つ目は喫煙の項目です。

“同棲する妻と息子は喫煙者であるが、彼は禁煙後18ヶ月経過している。”

本人自身は禁煙条件は満たしていますが、受動喫煙に含まれる為、危険因子+1

 

2つ目はコレステロール値の項目です。

“総コレステロール値210mg/dl、HDLコレステロール値65mg/dl“

総コレステロール値は2o0mg/dl以上で危険因子+1となります。

しかし、HDLコレステロール値は60mg/dl以上で危険因子−1な為、危険因子±0

 

あれ?これだと答えはb:1個になるはずじゃ・・・と思った方もいらっしゃると思います😆

 

まだ、危険因子の評価に必要な情報が隠れているのです。

 

3つ目は文章にある【年齢】の項目です!

“2人の子供を持つ48歳の男性クライアント”

基準値は男性45歳以上/女性55歳以上となります!

その為、この男性は48歳ですので、危険因子+1

 

上記をまとめると・・・危険因子+2となります!

 

危険因子が+1(低い危険性)なのか+2(中程度の危険性)なのかで

次に繋がる問題の答えが変わってしまうので、危険因子把握問題は注意して

取り組みましょう🔥

 

いかがでしたでしょうか?

このようにシナリオ問題には落とし穴が存在する場合がある為、

“情報は以下の通りである。”の他にも危険因子に関わる情報が隠れていると

思い取り組んでみてください👍

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました✨

次回のブログもお楽しみに〜♪

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。