News&Topics

ニュース・トピックス

みなさんこんにちは!
ASPトレーナースクールです!

 

体調を崩しやすい季節なため、自己管理をしっかりして勉強も筋トレもがんばりましょう!

 

本日はNSCA13章に関するクライアントを補助するときに重要なポイントについて学んでいきましょう!

 

それでは早速問題です!

 

以下の中で最も補助者のテクニックが求められる種目はどれか?

 

a. ミリタリープレス

b. フォワードランジ

c. プッシュプレス

d. スクワット

 

 

Image result for 筋トレ

 

 

 

 

解答は  b

以下で詳しく解説していきます!

 

 

解説:補助の必須条件

そもそもどんな時に補助を必要とするのか確認していきましょう

 

1、バー・ウェイトが頭上(近く)を通過する種目

代表的な補助種目としてはベンチプレスが挙げられます!

ジムに行く機会がある方であれば、ベンチプレスをやられている方に補助者がついている光景、一度は目にした

ことがあるのではないでしょうか!?

 

2、不安定な種目※転倒の恐れがある種目

こちらは逆にあまり目にする機会がないかもしれませんが、ダンベルやバーベルを担いだ状態で前や後ろ横に動

く種目が当てはまります。こちらは競技者の動きを追従しながらいつでも補助に入れる状態にいる必要があるた

補助する側のテクニックが要求されます!

ただし、勢いよくバーを担ぎ上げるパワークリーンのようなプライオメトリック・パワー系種目には補助は不要です!

 

上記2つの条件どちらかが該当がある種目は補助を必要とします

 

1、ミリタリープレス

こちらは肩回りを強化するトレーニング種目となります!

別名、オーバーヘッドプレスとも呼ばれます。

上記名前からも推測できる通り、バー・ウェイトが頭上(近く)を通過する種目であるため補助を必要とする種目となります!

 

2、フォワードランジ

こちらは下半身周りをトレーニング種目となります!

ダンベルをもって行う場合や初めてやられる方の場合、容量がわからず転倒してしまう可能性があるため、

競技者の動きを追従しながらいつでも補助に入れる状態にいる必要があります!

 

3、プッシュプレス

この種目は上半身、下半身全体を連動させて行う種目となります!

筋肉を連動させて勢いよくバーベルを担ぎあげる種目のため、プライオメトリック・パワー系種目に該当します。

そのため、補助は不要となります!

 

4、スクワット

こちらの種目も下半身をトレーニングする種目となります。

絵からも分かるようにバー・ウェイトが頭上(近く)を通過する種目であるため、補助者を必要とする種目となります!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、策13章補助者についてお話をさせていただきました!

今後トレーナーを目指す方にとっては特に必要な知識となります!

次回ジムに行ってトレーニングされる際は、是非、補助の入り方についても確認してみてください!

安全第一でトレーニングをしましょう!

本日は、ここまでです!!

次回もお楽しみに。♫

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。