NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜プログラムプランニング〜

NSCA対策〜プログラムプランニング〜

こんにちは!

ASPIトレーナースクールです!

 

本日は、

21章 プログラムプランニング

の問題および解説です。

 

 

 

問題:オープンキネティックチェーンのエクササイズはどれか?

A:レッグ(ニー)カール

B:ステーショナリーランジ

C:シーティッドカーフレイズ

 

 

AA レッグ(ニー)カール

 

 

解説

最初に、問題文にあります「オープンキネティックチェーン」から確認していきましょう^ ^

 

「オープンキネティックチェーン(OKC)」とは、

トレーニングしている四肢の遠位が遊離した状態でのエクササイズのことを言います。

 

 

また、「クローズドキネティックチェーン(CKC」というエクササイズ方法もあります。

こちらは、四肢の遠位が何らかの物に固定されているものとなります。

 

それでは、Aから順に種目の確認も行なっていきましょう!

 

 

A:レッグ(ニー)カール

 

 

主に、ハムストリングスをトレーニングする種目となります。

専用のマシーンを使用して行います。

 

大腿部を固定した状態での、膝関節屈曲動作となるのでこの種目は「オープンキネティックチェーン」となります。

 

 

B:ステーショナリーランジ

 

 

大腿部・臀筋群・下腿三頭筋をトレーニングする種目となります。

こちらはマシーンは使用せずに行います!

 

足を前後に開き、歩幅を変えずにその場で膝を曲げて屈伸運動します。

遠位である足は固定した状態で行う種目となりますので、「クローズドキネティックチェーン」となります。

 

 

C:シーティッドカーフレイズ

 

 

ヒラメ筋をトレーニングする種目となります。

こちらは、専用のマシーンまたはダンベルなどのフリーウエイトでも行うことができます!

 

座った状態で、足首の底屈を行います。

足は常に固定されているのでこちらも「クローズドキネティックチェーン」となります。

 

 

以上のことから、答えは A のレッグ(ニー)カールだと導きだせますね!

 

 

 

いかがでしたか?

自力で解けたでしょうか?

 

今回の問題が、選択肢の種目がどういったものなのか理解しないと解けないものでした。

 

全てしっかり理解し、問題に取り組みましょう!

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加