NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜レジスタンストレーニングのプログラムデザイン・頻度

NSCA対策〜レジスタンストレーニングのプログラムデザイン・頻度

こんにちは!

ASPスクールの齋藤です!

本日も、問題の回答および解説をしていきます!

 

1、レジスタンンストレーニング初心者に対する正しいトレーニング頻度のガイドラインはどれか?

選択肢

a,週に1〜2回

b,週に2〜3回

c,週に3〜4回

d,週に4回以上

 

解答:b

「レジスタンストレーニング」の画像検索結果

 

<解説>

基本は週に2〜3回となります。

上半身と下半身の日に分けるようにして、部位ごとのトレーニングを入れていくことで2日連続で同じ部位を鍛えることがなくなり、しっかり回復期間を確保することができます!

月曜日・・・胸、肩

火曜日・・・休息日

水曜日・・・休息日

木曜日・・・背中、腕

金曜日・・・休息日

土曜日・・・下半身、腹筋

日曜日・・・休息日

 

このように、日にちごとに鍛える部位を変えルーティーン化すると良いです。

<ポイント>

上級者でも1部位につき、週に2〜3回となります。

 

さて、今日はここまでとなります。

いかがだったでしょうか?

問題数を多くこなすことで、理解度が深まって行きますので頑張っていきましょう!

 

————————————————–————————————————–

 

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

 

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加