NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜心臓血管系活動のテクニック〜

NSCA対策〜心臓血管系活動のテクニック〜

こんにちは!!!

 

ASPトレーナースクールです!

 

今回は、

第14章『心臓血管系活動のテクニック』

についての問題および解説です。

 

問題:心臓血管系のエクササイズにおいて、望ましくない服装はどれか?

A.ある程度、筋肉を締め付ける服装

B.暑熱環境下では軽い衣類

C.寒冷環境下では重ね着
D.寒冷環境下では手足や頭を覆う

 

解答:「A.ある程度、筋肉を締め付ける服装」

 

《解説》

まず、下記が心臓血管系のエクササイズにおいて、望ましい服装です。

・筋肉を締めつけない服装 →筋肉を締め付ける服装は❌
・暑熱環境下では軽い衣類
・寒冷環境下では重ね着
・寒冷環境下では手足を覆う
※寒冷環境下で口呼吸が続くと、喘息を誘発させる。

絶食後における有酸素性エクササイズ

そもそも、心臓血管系のエクササイズでは、血液の流れが良い状態で行う必要があります。

そうなってくると「筋肉を締め付ける」ということは血管を圧迫してしてしまうので、
血液循環が悪くなります。よって、「筋肉を締め付ける」という選択はありえません!

「夏トレーニング 画像」の画像検索結果

暑熱環境下で重ね着などしてしまうと、心拍数があがり血圧が上昇してしまうため
こちらも、暑熱環境下での「軽い衣類」が正しい選択になります。

関連画像

寒冷環境下では、体が冷えると体温が低下し筋肉が収縮してしまい、
血液循環が悪くなります。
よって、寒冷環境下での「重ね着」「手足を覆う」の選択は正しいことになります!!

 

心臓血管系のエクササイズの本質を理解すると、かなり分かりやすい問題になっているので
考えすぎず、冷静に考えてみてください!!

今回はここまで!

次回の投稿をお楽しみに♪

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加