NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜14章心臓血管系活動テクニック〜

NSCA対策〜14章心臓血管系活動テクニック〜

こんにちは!

ASPトレーナースクールです!

 

本日は、

14章 心臓血管系活動テクニック

の問題および解説です。

 

問題:ステーショナリーバイクでのシートの合わせ方で正しいものはどれか?

A:下死点でペダルに踵を置いて、膝が伸びきる高さ

B:下死点でペダルに踵を置いて、膝が軽く曲がる高さ

C:下死点でペダルに母指球を置いて、膝が伸びきる高さ

D:下死点でペダルに土踏まずを置いて、膝が伸びきる高さ

 

回答:A 下死点でペダルに踵を置いて、膝が伸びきる高さ

 

<解説>

ステーショナリーバイクのシートの合わせ方

・6時の位置(最下点)で、ペダルにを置いて「膝が伸びきる」高さ

・6時の位置(最下点)で、ペダルに母指球を置いて「膝が軽く曲がる

・12時の位置(最大屈曲位)で「股関節と膝の高さが等しい」

 

<ポイント>

・6時でつま先を置いて膝が軽く曲がるか、12時で大腿が床と平行!!

 

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

 

 

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加