NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜9章クライアントの面談と健康評価〜

NSCA対策〜9章クライアントの面談と健康評価〜

こんにちは!

ASPトレーナースクールです!

 

本日は、

9章 「 クライアントの面談と健康評価 」

の問題および解説です。

 

 

問題:トレーナーがクライアントと契約を交わす前に必要がないものはどれか?

a:提供可能なサービスの説明

b:クライアントの意識調査

c:目標についての話し合い

d:バイタルサインのチェック

 

 

 

 

回答:d

 

解説

まずは、提供可能なサービスの説明・クライアントの意識調査・目標についての話し合いについてです。

実は、こちら3つについては、初回面談の段階で行う必要がございます!

 

では、初回面談を詳しく見ていきましょう!!

初回面談とは?

初めて、パーソナルトレーナーとクライアントと顔合わせを行う場面であり、クライアントを知ることのできるトレーナーにとっても、また、商品を選ぶ側のクライアントにとっても非常に重要な機会であります。

特に、パーソナルトレーナーは、相手の人生に関わってくるため、大きな責任感が必要ですね!

 

1:適合性の評価

A:適合性評価の最初のステップとして、利用可能なサービスに詳細な情報を提供します!

(情報の詳細/専門分野の経験/認定資格/ 専門知識や専門分野。さらに運営方針やプログラム内容など)

 

B:次のステップとして、クライアントの動機や参加意欲を確認します。

クライアントの過去の運動経験、エクササイズに対する考え方、サポートの有無。

エクササイズの継続に影響を及ぼしうる潜在的障害などについて話し合うこと。

 

c:最後のステップに、相性と適合性を評価すること!!

初回面談で話し合われた問題や情報に関するいかなる懸念や不安を取り上げて適切に対処することが重要!!

なお、お互いに何らかの不適合があるとわかった場合は、その人が別にサービスを選択できるようにすることが大切です。

 

2:目標についての話し合い

相互の適合性が確立された後の次のステップは、目標についての話し合いを行います。

現実的で時間を十分に考慮した具体的な目標を立てることが大切です。

 

3:クライアントとトレーナーの契約

最後のステップとして、契約書を締結します。(同意書に一筆)

契約関係に入る際には、法的に規定される正規の手続きが要求されます。

 

そのため、上記3つが初回面談では、必要となります。

 

dのバイタルチェックに関してですが、バイタルチェックとは生きる兆候であり、下記4つを示します。

脈拍数

血圧

呼吸速度

体温

 

こちら4つに関しては、初回面談では、必要のない情報のため、今回は、dが答えとなります!

なぜ、初回面談では、必要ないか?

バイタルチェックに関しては、緊急性が高く、命に関わる事故や急病を発した際にチェックする項目となっております!例えば、救命救急隊が事故現場に駆けつけた際に、まず、はじめにチェックすることは、このバイタルサインになります!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の問題で9章クライアントの面談と健康評価を少しでも知ることができましたでしょうか?

 

こちらの章は、本番の試験でかなり多く出題されます。

 

また、現場レベルでも使われるため、ぜひ覚えて置いてくださいね!

 

今回はここまで!

次回の投稿もお楽しみに!

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加