NEWS & TOPICS

トップNEWS & TOPICSNSCA対策〜19章 栄養と代謝に問題を抱えるクライアント

NSCA対策〜19章 栄養と代謝に問題を抱えるクライアント

こんにちは!

ASPトレーナースクールです!

 

本日は、

NSCA対策〜19章 栄養と代謝に問題を抱えるクライアント

についての問題および解説です。

 

神経系過食症と異なる神経系食欲不振症の特徴はどれか?

①過度な運動

②体型に関する過剰な関心

③冷気に対する過敏

 

 

回答:③

答えは③の「冷気に対する敏感」です。

それでは解説を行なっていきます。

神経系食欲不振症とは??

神経系食欲不振症は、極端な体重の減少、体重を維持することへの拒絶、標準体重未満であっても

体重が増えることに対する強烈な恐怖心、歪んだ身体イメージ、および無月経(少なくとも3回以上

連続して月経がない)を特徴とする。

冷気を敏感に感じる理由として摂取カロリーが少ないため、新陳代謝が衰え、疲れやすくなったり、

病弱になったり、寒気を感じたりするようになる。

 

神経系過食症とは??

神経系過食症は、過食に続き排出行動を繰り返すという複雑な障害である。

過食期の間は、短期間に大量のものを食べる。

排出行動には、緩下剤、利尿剤、または浣腸の使用といった自己誘発性嘔吐やカロリー燃焼のための極端で

異常なほどの運動がある。

 

この2つの違い

食欲不振症の人が摂食を厳密に制限するのに対して、過食症の人はコントロールできなくなる。

過食と排出行動が少なくとも3ヶ月間、平均週2回以上あるときに、過食症と診断される。

過食期には2週間ほどの間に大量の商品を摂取し、食べることをやめられない感覚、

また何をどれくらい食べたらいいのかをコントロールできない感覚のどちらか一方、または

その両方が起きる。

 

 

いかがでしたか?

今回は「19章 栄養と代謝に問題を抱えるクライアント」からの出題でした!!

テストでも頻出する範囲なので、しっかり復習しておきましょう!!

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

 

  • 横浜東口校
  • 新宿三丁目校
  • 池袋校
  • 代々木校
  • 恵比寿校
  • お問い合わせ
  • 友だち追加