News&Topics

ニュース・トピックス

こんにちは!!!

 

ASPトレーナースクールです。

 

今回は、第9章『初回面談』についての問題および解説です。

 

スクリーニングテストの途中でクライアントが「今すぐトレーニングセッションを受けたい」と言い出した。パーソナルフィットネストレーナーはどう対処 すべきか?

A.スクリーニングの目的と重要性を再度説明する

B.適合性が低いので契約を破棄する 

C.簡易な体力テストを実施してから行う 

D. ウエイバーに署名をしてから行う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答:A

 

《解説》

NSCAという機関は安全面にかなり配慮をしている団体であると認識しましょう。

 

他の選択肢を見ていきましょう。

<B>

これは適合性が低いと判断するのが早すぎます。

 

適合性というのは、クライアントとパーソナルトレーナーの相性です。

 

ですので、「運動を行いたい!」という理由で適合性が低いと判断するのは間違っております。

 

運動を行う前までに行わなければならないことがあるのでしっかりと説明をクライアントが理解でいるように行いましょう。

 

<C>

写真をご覧下さい。

こちらが、初回面談〜運動テストまでの流れになります。

この流れに沿って、行わなければなりません。

 

もし、この流れに則らず、選択肢のように運動を行なってしまうと、最悪の場合、クライアントを死なせてしまう危険性があります。

 

ですので、急にクライアントが運動を行いたいと申し出があったとしても行なってはならないということです。

 

 

<D>

こちらの「ウェイバー」に関しての記述は「初回面談」ではありません。

ですのでこちらはすぐに消去することができる選択肢になります。

 

 

よって回答はAとなります。

 

初回面談をしっかりと行うことができて初めて正しい運動処方ができるということになります。

 

 

今回はここまで!

次回の投稿をお楽しみに♪

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。