News&Topics

ニュース・トピックス

2024.05.21コラム

FWJとは?大会の内容や出場方法、注意点、おすすめのトレーニングなどを解説

FWJはボディビルやフィジークなどのフィットネス競技のコンテストを運営している企業です。

初心者からプロまで、さまざまな方が出場できるカテゴリーや部門があるため、コンテストに初めて出たいと考えている方は知っておくと良いでしょう。

この記事ではFWJについて解説します。FWJのコンテストに興味がある方は参考にしてください。

 

FWJとは?

FWJとは「Fitness World Japan」の略称で、フィットネス競技に関するコンテストの企画や運営、競技選手のサポートなどをおこなう選手支援企業です。

以前はNPCJの名称で活動していましたが、現在はFWJに改名しています。

フィットネス競技のカテゴリーやクラスを細分化し、初心者からプロ、お年寄りまで、誰でも参加しやすい大会を開く傾向があるため、大会に初めて出場する方におすすめです。

 

FWJの大会は?

FWJは日本全国で大会を開催しています。2023年度は22都市25大会を実施し、おもに次のカテゴリーがあります。
fwj-competition-guide

  • メンズフィジーク
  • ボディビル
  • クラシックフィジーク
  • ビキニ
  • ウェルネス
  • フィギュア
  • ウィメンズフィジーク
  • カテゴリーごとの特徴を順番に解説します。

     

    メンズフィジーク

    メンズフィジークとは、夏の浜辺でサーフパンツを履いた男性をイメージし、そのカッコよさを競うカテゴリーです。次の表は、メンズフィジークの衣装や審査基準などをまとめたものになります※1。

     

    概要 引き締まった肉体と共に、ボードショーツやサーフパンツでの立ち振る舞いを競う
    衣装 規定サイズのボードショーツかサーフパンツ
    上半身は裸で素足
    アクセサリーは着用不可
    審査基準 体全体の形やバランス、適度な筋量をアピールする
    片手は腰に当てたポーズで静止する
    規定ポーズ フロント
    バック

     

    FWJの場合、初出場選手のみが出場資格を持つトゥルーノービスや、入門クラス向けのノービス、10代選手対象のティーンなど、さまざまなクラスがあります。

    ボディビルのように筋肉量を増やすよりも、個々の魅力を最大限に引き出せているかを競う競技となっているため、出場する方は全身をバランスよく鍛えましょう。

    ※1出典:FWJ「Men’s Physique – Fitness World Japan」

     

    ボディビル

    ボディビルとは、体全体の形や筋肉量をアピールする男性向けのカテゴリーです。次の表は、ボディビルの衣装や審査基準などをまとめたものになります※2。

     

    概要 鍛え上げた肉体を競い合うカテゴリー
    筋肉の大きさや皮下脂肪の少なさ、筋肉の輪郭、付き方などが重要
    衣装 ボディビルスーツを着用する
    予選と決勝で規定が異なる
    審査基準 筋肉の発達と皮下脂肪の少なさがもっとも評価される
    ほかにも、ポージングの美しさや肌の色つやも審査対象になる
    規定ポーズ フロント ダブルバイセップス
    フロント ラットスプレッド
    サイドチェスト
    バック ダブルバイセップス
    バック ラットスプレッド
    サイド トライセップス
    アブドミナル アンド サイ
    モスト マスキュラー

     

    ボディビルは筋肉量や皮下脂肪の少なさなどがもっとも重要なポイントになるカテゴリーです。規定ポーズも多く、出場したいと考えている方は計画を立ててトレーニングをおこないましょう。

    ※2出典:FWJ「Bodybuilding – Fitness World Japan」

     

    クラシックフィジーク

    クラシックフィジークとは、フィジークとボディビルの要素を併せ持った、男性向けのカテゴリーです。次の表は、クラシックフィジークの審査基準や衣装などをまとめたものになります※3。

     

    概要 フィジークとボディビルの要素を併せ持つ
    アウトラインや腹筋の大きさ、皮下脂肪の少なさ、ポージングなどをトータルで審査される
    衣装 規定トランクスを着用する
    アクセサリー着用不可で素足のみ
    審査基準 サイズや筋肉質のバランスと、観客に個々の個性をアピールできているかなどが審査対象
    規定ポーズ フロントバイセプス
    サイドチェスト
    バックダブルバイセプス
    アブドミナル & サイ
    好きなクラシックポーズ(マスキュラーポーズ以外)
    上記とは別にリラックスポーズをクォーターターンでおこなう

     

    FWJのクラシックフィジークでは身長ごとにクラス分けされ、体重制限が設けられています。出場条件から外れていると申込んでも出場できないため、しっかりと確認しましょう。

    ※3出典:FWJ「Classic Physique – Fitness World Japan」

     

    ビキニ

    ビキニは体のバランスや形、筋量、総合的外観などを競う女性向けのカテゴリーです。次の表は、ビキニの審査基準や衣装などをまとめたものになります※4。

     

     

    概要 女性らしい美しさを競うカテゴリー
    筋肉量よりも、アウトラインやバストからヒップを強調する
    髪形やメイクも重要になる
    衣装 ツーピースV型水着を着用
    ハイヒール着用
    アクセサリー着用可
    審査基準 女性のアウトラインを作る基盤となる筋肉があり、ストリエーション(筋)が見えない適度なコンディション
    髪形やメイク、水着などを含めた全体の印象が良いほど高評価
    規定ポーズ フロント
    バック

     

    ビキニはメンズフィジークと同様に水着でのトータルの美しさを競います。そのため、ほかのカテゴリーに比べて衣装や、審査基準は細かい傾向があります。

    ※4出典:FWJ「Bikini – Fitness World Japan」

     

    ウェルネス

    ウェルネスは、上半身よりも大臀筋、大腿部などの下半身に重きをおいた女性向けのカテゴリーです。次の表は、ウェルネスの審査基準や衣装などをまとめたものになります※5。

     

    概要 大臀筋、大腿部が重要視される
    上半身も発達している必要はありますが、下半身のほうが重要
    衣装 ツーピースV型水着
    ハイヒール着用
    アクセサリー着用可
    審査基準 体のバランスと形が重要だが、下半身はビキニよりも筋肉量が多いと良い
    総合的外観やカリスマ性も評価の対象になる
    規定ポーズ フロント
    サイドが2種類
    バック

     

    FWJのウェルネスでは、上半身も鍛える必要がありますが、下半身の大臀筋や大腿部の発達具合が重要視される傾向があります。

    また、規定ポーズは4種類ですが、手の位置や姿勢などが細かく設定されているため、公式サイトの正しいポーズを確認しましょう。

    ※5出典:FWJ「Wellness – Fitness World Japan」

     

    フィギュア

    フィギュアは、ビキニやウェルネスよりも、女性らしい「筋肉美」を競うカテゴリーです。次の表は、フィギュアの審査基準や衣装などをまとめたものになります※6。

     

    概要 ボディビルほどではないが、全体的な体のバランスや絞り具合が重要になる
    衣装 ツーピースV型水着
    ハイヒール着用
    アクセサリー着用可
    審査基準 筋肉量やシンメトリー、バランスなどが重要になる
    細かいストリエーション(筋)が走るような仕上がりは求められていない
    規定ポーズ フロント
    サイドが2種類
    バック

     

    ビキニは水着を着たトータルでの美しさを、ウェルネスでは下半身を中心としたバランスを審査しましたが、フィギュアでは全体的な体のバランスや絞り具合が重要になります。

    審査基準では部位ごとの筋肉の付き方やバランスについて言及されているため、全身をバランスよく鍛えられるトレーニングメニューを考えましょう。

    ※6出典:FWJ「Figure – Fitness World Japan」

     

    ウィメンズフィジーク

    ウィメンズフィジークとは、女性らしさを表現するしなやかさが重要になるカテゴリーです。次の表は、ウィメンズフィジークの審査基準や衣装などをまとめたものになります※7。

     

    概要 女性らしさを表現するしなやかさやトータルパッケージとしてのバランスの良さが重視される
    衣装 ツーピースビキニを着用する
    審査基準 フィギュアよりも筋肉量に密度があると良い
    ボディビルのような体は求められていない
    規定ポーズ フロント ダブルバイセップス
    サイドチェスト
    バック ダブルバイセップス
    サイド トライセップス
    フロントアブドミナル アンド サイ

     

    女性向けのフィジークですが、メンズフィジークと違って規定ポーズが多く、女性らしいしなやかさを伴ったポージングが求められる傾向があります。

    また、フィギュアよりも筋肉量に密度がある状態を求められているため、トレーニングだけでなく食生活も重要です。

    ※7出典:FWJ「Women’s Physique – Fitness World Japan」

     

    FWJへの出場方法

    FWJが主催する大会は特別な出場要件はありません。

    ただし、事前に次の手順でFWJカードを登録する必要があります。

    1. 「FWJカード 登録・更新・ログイン」のページで「FWJカード購入が初めて又更新される方」を選択する
    2. 必要事項を入力して10,000円(税込)を支払う

    FWJカードはスマートフォンやタブレット端末に表示されるデジタルカードで、FWJが運営するコンテストに出場する際に必要です。なお、カードの有効期限は登録年の12月31日までなので、出場したいコンテストの年に登録、あるいは更新をおこないましょう。

    FWJカードを登録したら、次はNPCワールドワイドメンバーシップに登録します。登録する手順は以下のとおりです。

    1. FWJ TOPページを開き「NPCワールドワイドメンバーシップ」バナーを選択する
    2. 会員登録案内ページで「NPC Worldwide会員登録」ボタンを選択する
    3. 必要事項を入力する
    4. 登録したメールアドレスに届いたメールでパスワードを設定する
    5. 画面の指示にしたがって入会金55米ドルを支払う

    FWJカードとNPCワールドワイドメンバーシップに登録したら、あとは出場したいコンテストのページから申込みをして決済をするだけです。

     

    FWJに出場する際の注意点

    FWJに出場する際の注意点は以下のとおりです。

    • カテゴリーごとの条件を満たす必要はある
    • 有効期限がある
    • FWJの大会はオイルが禁止されている

    上記を順番に解説します。

     

    カテゴリーごとの条件を満たす必要はある

    大会に出場するための特別な要件は設定されていませんが、カテゴリーによってはクラスがわけられており、出場条件が決まっています。

    たとえば、メンズフィジークではトゥルーノービス、ローカル、ノービス、ティーンなどのクラスがあり、次のように条件が異なります※8。

     

      クラスごとの出場条件
    トゥルーノービス 初出場選手のみ
    あるいはトゥルーノービスに過去出場していない方
    ローカル コンテスト開催地の都道府県や隣接した都道府県に在住、在勤、在学の方
    ノービス 入門クラス、過去にオープンクラスで6位以内に入賞されていない選手のみ
    ティーン 10代のみ
    ジュニア 満18歳~23歳の選手のみ
    マスターズ 満35歳以上、40歳以上、45歳以上、50歳以上の方
    なお、該当年齢以上の選手は下の年齢のクラスに挑戦できる
    オープン どなたでも参加可能

     

    初心者向け、若者向けなど、クラスによって特徴が異なります。ご自身の年齢や経験などと照らしあわせて、適切なクラスを選ぶようにしましょう。

    ※8出典:FWJ 「Men’s Physique – Fitness World Japan」

     

    有効期限がある

    FWJが主催する大会に出場するためには、FWJカードとNPCワールドワイドメンバーシップへの登録が必要です。

    しかし、FWJカードとNPCワールドワイドメンバーシップには有効期限があります。そのため、コンテストに出場したい年にはFWJカードとNPCワールドワイドメンバーシップの更新や登録をおこないましょう。

     

    FWJの大会はオイルが禁止されている

    ボディメイクコンテストによっては筋肉の表現を増すためにオイルを使用することが認められています。

    しかし、FWJが運営しているコンテストでは、オイルは禁止です。カラーリングもFWJオフィシャルサロンのみで、コンテストごとに利用できる業者が異なるため注意しましょう。

     

    【カテゴリー別】FWJに出場するためのおすすめのトレーニング

     

    出場するカテゴリーごとに審査基準は異なるため、トレーニングの内容も異なります。

    FWJのカテゴリーごとにおすすめのトレーニング方法を順番に解説しますので、参考にしてください。

     

    メンズフィジーク

    メンズフィジークは体型を重視されるカテゴリーのため、筋肉量より上半身の体型が重要です。そのため、次のような部位を鍛えられるトレーニングを中心におこなってみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    三角筋 ショルダープレス
    フロントレイズ
    サイドレイズ
    広背筋 ラットプルダウン
    チンニング
    ローイング
    腹筋 トランクカール
    ツイスティングトランクカール
    サイドベンド

     

    理想的なイメージは肩幅が広く、ウエストが細い逆三角形の体型です。また、メンズフィジークでは水着とのバランスも重要になってくるため、定期的に水着を着用してポージングを取ってみましょう。

     

    ボディビル

    ボディビルはメンズフィジークと違って筋肉量とバランスが重要なカテゴリーのため、大きな筋肉群を鍛えることがポイントです。そのため、次のような部位を鍛えられるトレーニングを中心におこなってみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    大胸筋 ベンチプレス
    プッシュアップ
    チェストプレス
    大腿四頭筋 スクワット
    レッグプレス
    上腕三頭筋 フレンチプレス
    キックバック
    プッシュダウン

     

    ボディビルはメンズフィジークに比べて規定ポーズが多いため、上記のトレーニングと並行してポージングの練習も必要です。また、皮下脂肪の少なさも重要になってくるため、食事内容も注意しましょう。

     

    クラシックフィジーク

    クラシックフィジークはメンズフィジークとボディビルの両方を兼ね備えたカテゴリーです。ボディビルほどではありませんが、フィジークよりも筋肉量やバランスを意識して、次のような部位を鍛えてみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    脊柱起立筋 デッドリフト
    バックエクステンション
    僧帽筋 ローイング
    シュラッグ

     

    なお、クラシックフィジークは身長や体重制限が細かく決まっているため、筋肉量を増やす場合は体重が規定値を超えないように計測しながらおこないましょう。

     

    ビキニ

    ビキニは女性らしく、健康的な肉体ほど高評価を得やすい傾向があります。そのため、次のような部位を鍛えられるトレーニングを中心におこなってみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    三角筋 ショルダープレス
    フロントレイズ
    サイドレイズ
    広背筋 ラットプルダウン
    チンニング
    ローイング

     

    ビキニでは、姿勢やプロポーション、髪形、肌の色つや、水着とのトータルコーディネートなどが審査されます。全体のコーディネートを確かめながらトレーニングの内容を決めると良いです。

     

    ウェルネス

    ウェルネスは、ビキニに比べると下半身を鍛えていることの評価が高いカテゴリーです。そのため、次のような部位を鍛えられるトレーニングを中心におこなってみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    大臀筋 ヒップリフト
    スクワット
    アブダクション
    大腿四頭筋 レッグプレス
    スクワット
    ハムストリングス ヒップリフト
    レッグカール
    デッドリフト

     

    なお、下半身が審査の重要なポイントになりますが、上半身もある程度は鍛えておく必要があります。三角筋や広背筋、腹筋などのトレーニングも忘れずにおこないましょう。

     

    フィギュア

    フィギュアは上半身と下半身のバランスが重視され、ビキニほど筋肉量を付ける必要はありません。

    審査基準に筋肉量やバランスについて言及されているため、鍛えるなら内容を確認して、全身をバランスよく、なおかつ鍛え過ぎない程度にトレーニングをしましょう。

    また、ポージングではクォーターターンが盛り込まれているため、背中に視線が向きやすいカテゴリーです。フィギュアで好成績を修めたいと考えている方は、次の部位のトレーニングも取り入れてみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    広背筋 ラットプルダウン
    チンニング
    ローイング
    僧帽筋 ローイング
    シュラッグ

     

    ウィメンズフィジーク

    ウィメンズフィジークでは、女性のくびれが重視される傾向があり、腹筋やわき腹などを鍛えておくと良いです。そのため、次のような部位を鍛えられるトレーニングを中心におこなってみましょう。

     

    鍛えたい部位 おすすめのトレーニング
    腹直筋 トランクカール
    アブドミナルクランチ
    プランク
    内腹斜筋
    外腹斜筋
    ツイスティングクランチ
    サイドベンド

     

    なお、腹筋やわき腹は脂肪がつきやすい部分のため、脂質の摂取量を減らし、たんぱく質や食物繊維の摂取量を増やしてみましょう。

     

    トレーニングの効率をアップするためのポイント

    トレーニングの効率をアップするためのポイントは以下のとおりです。

    • カテゴリーにあわせたトレーニングをおこなう
    • 食事や睡眠の見直しも重要
    • トレーニングに関する知識や技術を身に付ける

    上記を順番に解説します。

     

    カテゴリーにあわせたトレーニングをおこなう

    ボディメイクコンテストはカテゴリーによって審査基準が異なります。

    FWJのメンズフィジークでは、引き締まった肉体や立ち振る舞いが重要視されますが、ボディビルでは全体の筋肉量が重要視される傾向があります。

    審査基準が異なるため、メンズフィジークに出場するためのトレーニングをおこなっても、ボディビルで好成績を修めることは難しいです。

    つまり、カテゴリーの審査基準にあったトレーニングメニューを組み立てて実行することが重要になります。

    また、コンテストではポージングの姿勢や息の乱れなども審査の対象になるため、筋トレと並行してポージングの練習もしましょう。

     

    食事や睡眠の見直しも重要

    トレーニングだけでは審査基準を満たした、好成績を修められる体作りは難しいです。

    1日の消費カロリーを計算して摂取カロリーの目安や必要な栄養素の計算をしたり、筋肉の成長を促すための休養や睡眠の質の向上などを考えたりする必要があります。

    そのため、FWJが主催している大会で活躍するためには、トレーニングだけでなく食事や生活が体に与える影響についての専門的な知識も必要です。

     

    トレーニングに関する知識や技術を身に付ける

    トレーニングメニューの組み立てや生活習慣の見直しなどはある程度の知識や技術が求められます。

    専門的な知識や技術を持ったパーソナルトレーナーに依頼すれば、出場したいカテゴリーに合った指導をしてもらえますが、お金がかかります。

    パーソナルトレーナーに依頼できない場合は、ご自身でトレーニングに関する知識や技術を勉強して、トレーニングの効率アップを目指してみましょう。

    知識や技術の獲得を目指したい方は、次のような資格取得がおすすめです。

     

      概要
    NSCA-CPT さまざまな年齢や性別の方を対象にトレーニング指導をおこなう知識を身に付けている資格
    NESTA-PFT 健康やフィットネス、ウェルネスの改善をサポートする総合的な知識や技術を習得できる資格

     

    どちらもパーソナルトレーナー向けの資格ではありますが、トレーナー育成スクールに通えば未経験者でも取得が可能です。

     

    まとめ

    FWJは初心者でも参加しやすいボディメイクコンテストの運営をおこなっている企業です。

    特別な出場要件はないため、ボディメイクコンテストに興味がある方は参加してみると良いでしょう。

    ただし、カテゴリーごとに審査基準が異なるため、内容を確認して適切なトレーニングメニューや食事などを考える必要があります。

     

    まずはASPトレーナースクールの無料体験授業を受講してみよう

    ASPトレーナースクールではNSCA-CPTやCSCS、NESTA-PFTの取得を目指せるカリキュラムがあります。

    社会人でも授業を受けられるコースがあり、マンツーマンレッスンによって初心者でも取得を目指せます。トレーニングに役立つ知識や技術を身に付けたい方は、無料体験授業を受講してみましょう。

     

    R Related Articles

    関連記事

    N New Articles

    新着記事

    まずは「無料説明会」から!

    ※カウンセリング・体験授業・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。