News&Topics

ニュース・トピックス

2019.11.05資格対策

NSCA対策18章 〜妊婦・高齢者・青年期直前期クライアント〜

こんにちは!

ASPトレーナースクールです!

本日は、

18章 「 妊婦・高齢者・青年期直前期のクライアント」

の問題および解説です。

 

問題1:妊娠中、特に消費が多くなるエネルギー基質はどれか?

A:炭水化物

B:脂肪酸

C:グリセリン

D:アミノ酸

 

 

 

 

回答:A 炭水化物

解説

妊娠中は酸素需要が増加するのに並行して、エネルギー基質(エネルギー源)も増加します。

一般的に妊婦さんは、妊娠中はお腹の胎児に十分な栄養を送るためにも、妊娠する前と比べて多くエネルギーを摂る必要があります。

代謝作用も活性化し、1日あたり約300Kcalのエネルギーを余分に消費すると言われています。

また妊婦さんは妊娠していない場合に比べて、運動時の炭水化物(糖質)消費の割合が高くなります。

 

 

したがって、妊婦さんはバランスのとれた、栄養価の高い食品を十分に摂取し、十分に水分を補給することが必要になります。

またカルシウム、ビタミンD、鉄、葉酸を十分に摂取することで、健康な妊娠期間を過ごすことができるでしょう!

ここでピックアップ!

あまり聞き馴染みのない栄養素『葉酸』

妊婦さんには欠かせない栄養素の一つなのですが、どんな食品に多く含まれるのかご紹介します!

 

① 枝豆

② モロヘイヤ

③ ほうれん草

④ アスパラガス

 

妊娠初期は、脳・神経管・心臓など、人にとって非常に重要な部分が形成される時期。

脳や脊髄の基になる神経管の形成には、たくさんの『葉酸』が必要であるため、お腹の赤ちゃんにとって欠かせない栄養素なのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか??

今回は『18章 妊婦・高齢者・青年期直前期のクライアント』からの出題でした!

NSCAでは『18章 妊婦・高齢者・青年期直前期のクライアント』から多くの出題が出題されておりますので、ぜひ自学習の参考にしてみてくださいね!

 

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。