News&Topics

ニュース・トピックス

2024.01.13コラム

NSCA-CSCSとは?資格の概要や受験条件、試験内容を解説!

 

スポーツや競技者に関わるトレーナーなら、NSCA-CSCSと呼ばれる資格をよく耳にされるでしょう。

しかし、パーソナルトレーナーに関わる資格だと知っていても、具体的になにを認定する資格でどうすれば取得できるのか、詳しく知らない方も多いかもしれません。

そこでこの記事ではNSCA-CSCSについて知っておくべき基本的な知識や、取得に向いている人の特徴などを紹介します。更に、資格認定試験の概要や難易度、取得に向けた勉強法などもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

NSCA-CSCSとは?

NSCA-CSCSの「NSCA」は、アメリカに本部を置くNSCA(National Strength and Conditioning Association、全米ストレングス&コンディショニング協会)の略称です。

NSCAは1978年に創設された国際的な教育研究機関で、2021年6月現在、NSCAジャパンをはじめ活動は世界中に広がっており、延べ55,000名の認定資格者数を有しています。

「CSCS」は1985年から始まった歴史ある資格で、NSCAが管理する認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(Certified Strength and Conditioning Specialist)のことです。ストレングスは筋肉が発揮するパワー、コンディショニングは身体がパフォーマンスを発揮できる状態を意味します。

NSCA-CSCSは、十分なパフォーマンスの発揮からケガなどのトラブルの予防まで、多方面からアスリートを支援するトレーニングプログラムの計画や実行にまつわる知識やスキルを認定する資格です。

NSCAの認定資格は、認定日に関わらず、3年ごとに一律の有効期限が定められています。そのため、定期的な資格の更新が必要です。

 

NSCA-CPTとの違い

NSCAには2種類の認定資格があり、NSCA-CSCSのほかにNSCA-CPTがあります。

1993年から始まったCPTは認定パーソナルトレーナー(Certified Personal Trainer)資格で、年齢や性別を問わず、トレーニング初心者から上級者まで、ニーズにあわせた指導に対応できる人材を認定する資格です。

アスリートやスポーツ競技者の指導も視野に入れたCSCSは、より専門性の高い知識やスキルを求められるため、CPTの上位資格に位置づけられています。

 

NSCA-CSCSの取得に向いている人

国際的に認められるNSCA-CSCSの資格取得は、次のような人に向いています。

 

  • 上位資格の取得で指導に自信をつけたい人
  • パーソナルトレーナーとしてスキルアップしたい人
  • 高度な知識を身につけてアスリートに還元したい人

 

ひとつずつ順番に解説します。

 

上位資格の取得で指導に自信をつけたい人

ご自身の経験に頼った指導に不安を感じているなら、CSCS資格の取得がおすすめです。

NSCA-CSCSを取得するには、受験条件を満たし、専門的な知識を身につける必要があります。高いレベルでの指導、より効果的なトレーニングプログラムを提供できるようになり、トレーナーとしての自信につながるでしょう。

 

パーソナルトレーナーとしてスキルアップしたい人

取得のハードルが高いとされるNSCA-CSCSの認定を受ければ、パーソナルトレーナーとしての強みになります。NSCAによる科学的な運動理論をご自身のものとすれば、より多くのお客さまからの信頼や指名を得られるでしょう。

パーソナルトレーナーとしてさらなる飛躍をサポートする資格となるはずです。

 

高度な知識を身につけてアスリートに還元したい人

筋力をアップさせて、競技に必要な筋力を効率よく発揮させるためのトレーニング指導をおこなうのが、欧米で多く活躍するストレングスコーチです。このような高度な知識を持つ人材はアスリートからの需要が絶えません。

世界基準の資格であるNSCA-CSCSを取得すれば、ストレングスコーチやコンディショニングコーチとして、プロチームなどスポーツ業界での活躍が期待されます。

 

NSCA-CSCSの資格認定条件

 

NSCAの資格を取得するには、次の資格認定条件を満たす必要があります。NSCA-CPTと比べながら、NSCA-CSCSの資格認定条件を確認しましょう。

 

資格 資格認定条件
NSCA-CSCS
  • NSCAジャパン会員
  • 学位(学士・修士・博士)取得者または高度専門士の称号の保持者
  • 有効なCPR/AEDの認定者
  • CSCS認定試験 基礎科学セクションの合格者
  • CSCS認定試験 実践/応用セクションの合格者
NSCA-CPT
  • NSCAジャパン会員
  • 満18歳以上
  • 高校卒業者または高卒認定試験合格者
  • 有効なCPR/AEDの認定者
  • NSCA-CPT認定試験の合格者

 

原則として高校卒業程度の条件をクリアすれば取得に動けるNSCA-CPTに対して、NSCA-CSCSは大学卒業程度(または専門学校で4年以上の専門教育を受けた高度専門士)の条件が求められる点が大きく異なります。

場合によっては資格認定を受けられない恐れもあるので注意しましょう。

上記のほか、資格認定者は、NSCAおよびNSCAジャパンが定める規定と方針に同意する必要があります。

 

NSCAジャパン会員とは?CPR/AEDの認定とは?

先ほどの資格認定条件のうち、見慣れない用語として「NSCAジャパン会員」と「CPR/AEDの認定」があるかと思います。

NSCAジャパン会員は一般個人会員(年会費13,200円)、中学生以上の学生を対象とした学生会員(年会費11,000円)、法人会員(年会費55,000円)にわかれています。いずれの会員も受験要件を満たします。

入会は公式サイトから、あるいは郵送で申込み可能です。会員には、NSCA-CSCSの受験用テキストなどを会員価格で購入できるなどの特典があります。

「CPR/AEDの認定」は、トレーニング指導者に求められる一次救命スキルとして、NSCAが保有を義務づけるものです。CPRは心肺蘇生法、AEDは自動体外式除細動器のことです。

CPR/AEDの認定を受けるには実技の含まれる講習会を受けなければなりません。日本赤十字社や各消防署などでおこなわれる講習会、消防庁などの実施するWEB講習を受講しましょう。

 

NSCA-CSCSの試験内容

NSCA-CSCSの資格認定試験は、基礎科学セクション、実践/応用セクション、2つのセクションに分けて実施されます。どちらかのセクションのみ合格した場合には、合格日から1年以内であれば残りのセクションのみの受験が可能です。

 

  • 試験時間:基礎科学セクション(1時間半)、実践/応用セクション(2時間半)
  • 問題形式:3択式
  • 受験方法:オンライン形式(コンピュータベース試験)

 

試験は3つの選択肢からひとつを選ぶ三択式です。パソコンを使ってオンラインで実施され、試験会場や日時は受験する方がご自身で選べます。

基礎科学セクションでは運動科学やスポーツ心理学、栄養学に関する基礎知識を、実践/応用セクションでは適切なトレーニングプログラムの作成や施設の運営などの応用力を問われます。

 

NSCA-CSCSの難易度と合格率

NSCA-CSCSの試験は、基礎科学セクション95問と実践/応用セクション(125問)で構成されています(ただし、それぞれに採点対象とならないノンスコアード問題30問を含んでいます)。

スコア70以上で合格となり、資格取得には両方のセクションに合格しなければなりません。

2022年の合格率は55.1%で、年度により少しずつ異なりますが、毎回50%前後です。同年のNSCA-CPTの合格率82.3%という数字を見ても、NSCA-CSCSの難易度は高めであることがわかります。

 

NSCA-CSCSの試験日

2016年4月よりオンライン形式(コンピューターベース試験)が導入され、試験会場や日時の予約、予約内容の変更などを手軽におこなえるようになりました。

受験の手続きは便利になりましたが、出願手続きから予約案内メールの到着まで2~3週間かかります。余裕を持ってテストセンターを予約できるように、受験希望日の2ヵ月前を目安に出願手続きを済ませておくと安心です。

受験当日は身分証明書の提示が求められますが、提示できなければ受験ができなくなってしまうため、必ず持参するようにしましょう。同様に、15分以上の遅刻も「欠席」扱いとなるため、注意が必要です。

 

試験日までの流れ

NSCA-CSCSの試験日までの流れは次のとおりです。

① 出願:マイページからの出願、受験料(50,200円)の支払い、学歴証明書の郵送
② テストセンターの予約:予約案内メールを基にテストセンターを予約
③ 試験当日:試験開始15分前までにテストセンターに到着し、本人確認のうえ受験

NSCAジャパン会員になったあと、公式サイトのマイページから出願手続きをおこない、学歴証明書はNSCAジャパン試験担当宛に郵送します。受験料はクレジットカード、コンビニ払い、ペイジーから選び、速やかに支払いましょう。

 

試験 受験料
NSCA-CSCS 50,270円(税込)
1セクション ※ 34,100円(税込)

 

※基礎科学セクション、実践/応用セクションのどちらかに合格した日から1年以内にもうひとつのセクションのみを受験するときの受験料

3つの出願手続きを終えると、2~3週間で試験会場と試験日の予約案内メールが届きます。メールの案内にしたがって、オンラインもしくは電話で試験を予約します。試験日時の24時間前までは何度でも変更が可能です。

 

NSCA-CSCSの勉強方法

難易度が高いとされるNSCA-CSCSですが、それでも受験者のおよそ半数は合格しており、じっくりと取り組めば資格取得は不可能ではありません。

NSCA-CSCSの勉強方法は、大きくわけて以下の2とおりです。

 

  • 独学で勉強する
  • 専門スクールで勉強する

順番に解説します。

 

独学で勉強する

大学や専門学校で運動科学や栄養学などの基本的な勉強を済ませており、すでにトレーニングの指導経験もあるなら、独学での勉強がおすすめです。

特別な知識や経験がなくても独学は可能ですが、合格スコアを獲得するほど高度な知識を身につけるには多くの時間がかかる可能性があります。

NSCAジャパンの公式サイトには、独学に適したテキストや問題集、動画教材など、専用の教材が数多く用意されています。そちらを参考に、すでにお持ちのスキルや知識を補える学習方法を組み立てましょう。

 

専門スクールで勉強する

できるだけ効率よくNSCA-CSCSの資格認定を目指すなら、専門のスクールで学ぶと良いでしょう。

独学に比べると受講費用はかかりますが、独学でつまずきやすい運動科学やプログラムデザインなども、知識の豊富な講師からの指導でスムーズに習得できます。

また、これまでにトレーナーとしての経験がない方や大学生でも基礎から応用まで順序だてて学べる点も、専門スクールを活用するメリットです。

 

まとめ

NSCA-CSCSはアメリカに本部を置くNSCAによる資格で、認定を受けるにはトレーニングに関わる高度な知識が必要です。資格の取得には、受験資格の要件を満たす必要があるほか、合格率50%前後と難易度の高い試験をクリアしなければなりません。

トレーナーとして更なるスキルアップを目指す方は、この記事で紹介した勉強方法を参考に受験を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まずはASPトレーナースクールの無料体験授業を受講してみよう

トレーナーとして高みを目指したい、プロのアスリートを支援したいなどの理由から資格取得を目指すなら、効率的に学習を進められる専門スクールに通うのがおすすめです。

「ASPトレーナースクール」は、パーソナルトレーナー専門の養成スクールです。トレーナーとして押さえるべき基礎の習得から高度で専門的な知識の獲得まで、完全マンツーマン指導でバックアップします。

また、ASPトレーナースクールでは受講者の方の目標にあわせて、ベーシックコース・アドバンスコース・マスターコースの3つのコースをご用意しておりますので、効率的なスキルアップが可能です。

無料体験授業のお申込みも受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

無料体験授業のお申込みはこちら

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。