News&Topics

ニュース・トピックス

皆さん、こんにちは!

ASPトレーナースクールの坂本です。

 

今回は、NSCA13章『補助について』を学んでいきましょう!

みなさんは、なぜトレーニングの際に補助をする必要があるかご存知でしょうか?

しっかり答えられるように見ていきましょう。

さて、本日の問題です。

 

 

問題:トレーニングの際の補助の目的として当てはまるものはどれか?

1. 安全の確保

2.フォーム確認

3.フォースドレップス

 

a. 1.2   b.1.3    c.2.3    d.全て

 

 

 

 

 

解答

d.全てになります!

みなさん正解出来たでしょうか?

 

解説

それでは解説に入っていきます。

まず1.安全の確保についてです。

安全の確保とは、ダンベルやプレートなどの重量物の落下

ランジやスクワットなどでの転倒予防のためにするものです。

お客様に怪我を負わせないために必ず必要なことです。

 

続いて、2.フォーム確認です。

フォーム確認をする理由として、誤ったフォームで実施してしまうと、

鍛えたい部位に効かせられなかったり、怪我をしやすくなるからです。

 

最後は、3.フォースドレップスです。

みなさん、フォースドレップスとはどういう事かご存知でしょうか?

こちらは、限界値から数回補助/追い込みのことを表しています。

例えばベンチプレスでは、コンセントリック時に補助をして挙げてもらい、

エキセンントリック時には補助を緩めてゆっくりとバーを降ろすようにしていただきます。

これによって、ひとりでは挙げられなくなった場合でも、補助者がいると挙げることが出来ますね。

 

補助の必須条件

補助と言っても、全てのトレーニングに対してやって良いというわけではありません。

ここでは、補助での条件を見ていきましょう。

 

1.バー・ウエイトが頭上を通過する種目は補助が必須になります

例えば、ベンチプレスで実施中はもちろん、実施前でも頭上を通過する場合は、

補助が必須となります。

 

2.不安定な種目

転倒の危険性がある種目にも、補助が必要になります。

安全の確保の部分で出てきたところですね。

ランジやスクワットでは不安定な種目になるため、こちらも補助が必須となります。

 

では次に、補助の必要性がないものを見ていきましょう。

それは、プライオメトリック・パワー系種目です。

まずプライオメトリック・パワー系種目とは、

ジャンプや切り返しなど素早く力強い動作のことを表します。

誰もが一度はやったことがあるスキップなんかも、実はプライオメトリック種目になります。

みなさん、ご存知でしたでしょうか?

パワー系種目では、パワーリフティングが代表例で挙げられます。

これらの種目を補助すると補助者に危険が及ぶため、禁止とされています!

以上の条件を守りつつ、お客様に安心してトレーニングをしていただけるようにしましょう。

 

本日はここまで!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

 

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。