News&Topics

ニュース・トピックス

2019.08.20資格対策

NSCA対策〜14章 エクササイズテクニック〜

こんにちは!

ASPトレーナースクールです!

 

本日は、

14章 「エクササイズテクニック」

の問題および解説です。

 

 

問題1:最もクッション性が求められ、側方安定性が必要でないのは、どの身体活動用のシューズか?

A:ランニング

B:エアロビ

C:ラケットスポーツ

D:クロストレーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答:A ランニング

解説

ランニング時は、片方の足に体重の45もの負荷がかかっています。

なので、クッション性を高めて膝や股関節への衝撃を吸収する必要があります。

また、クッション性は約500km800km走ると50%失われます!

 

 

 

 

それでは第2問です!!

 

問題2:低回内足のランナーには動作柔軟性が(ア)、(イ)タイプのシューズが推奨される。上記(ア)、(イ)に当てはまる最適な組み合わせはどれか?

 

A:ア)高い   イ)ストレート

B:ア)高い   イ)カーブ

C:ア)低い   イ)ストレート

D:ア)低い   イ)カーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回答: B ア)高い  イ)カーブ

解説

低回内足の場合、外側だけに体重がかかるため、高い柔軟性のある靴を選び足関節を外転させてつま先を内側に入れます。(カーブタイプ)

 

回内足の場合、足関節の回転運動が大きいため、抑えるために高い動作制御性のある靴を選びあます。(ストレートタイプ)

 

ニュートラルの場合、適度な動作制御性を柔軟性のある靴を選びます。(セミカーブ)

 

上記のことから、今回の回答は「B」だと導き出せます^ ^

 

 

 

いかがでしたか?

自力で解けたでしょうか?

 

今回は14章のエクササイズテクニックからでした!

 

以上!!

————————————————–————————————————–

NSCAを受講するなら、マンツーマン指導で合格に導くASPトレーナースクール!!

先ずはページ下記のフォームから、無料体験!!

R Related Articles

関連記事

R Related Articles

関連記事

まずは「無料体験授業」から!

※カウンセリング・セッション体験・カリキュラムのご紹介を行わせていただきます。